国際シンポジウム

           2019​年6月22日開催

多くの方々にご来場いただき、盛会のうちに終了いたしました。

​ご支援を心から感謝申し上げます。

あなたの人生、あなたの選択

~納得して最期を迎えるために~

人生100年時代を迎えて

人はみな、大きな病気やケガで、危篤状態に陥る可能性があります。死を迎える「終末期」をどのように過ごすかは、あなたが「決断」すべきものです。このシンポジウムでは平均寿命が飛躍的に伸びる中で、国際的な事例や様々な立場から「終末期」について意見を述べます。納得して自分の最期を迎えるために、一人一人が考えてみましょう。

13:00 – 17:45  (受付開始 12:30)

​日時

2019年6月22日(土)

​会場

国際医療福祉大学 東京赤坂キャンパス 
3階 多目的ホール 
〒107-8402 東京都港区赤坂4-1-26 

​参加費

2,000円(会員1,000円 学生・院生無料)

​講演内容

挨    拶

水巻中正( 国際医療福祉大学大学院 教授 日本医学ジャーナリスト協会 会長)

特別挨拶

安藤高夫(衆議院議員 医療法人社団 永生会 理事長)

基調講演

「国際貢献と中国への進出」

相澤孝夫(社会医療法人財団滋泉会 理事長、日本病院会会長 )

特別講演

「終末期医療の最近の動向」  

木村 厚(社会医療法人一成会 理事長、全日本病院協会常任理事 )

 「世界の農村指導者の育成」 

荒川朋子(アジア学院 校長 )   

「日本の尊厳死の現状と課題 」  

岩尾總一郎( 一般財団法人日本尊厳死協会 理事長)

パネルディスカッション

あなたの人生、あなたの選択

~納得して最期を迎えるために~

① 木村 厚 (上出) 

②岩尾總一郎(上出) 

③ 「在宅死 “死に際の医療”200日の記録」

 下村幸子  (NHKエンタープライズ・プロデューサー)

④  「アメリカの高齢者終末期医療題  」 

 宮本礼子  (江別すずらん病院 認知症疾患医療センター長)

➄ 「フランスの緩和ケア・終末期関連法 」

武藤正樹  (国際医療福祉大学大学院教授)

⑥「人生の最期の過ごし方・一緒に考えてみませんか?」

長谷川フジ子 (国際医療福祉大学大学院 非常勤講師)

© 2020医療・介護の安全保障を推進する民間会議

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now